💊タイのお薬、医療情報💊

タイの医療通訳で得た知識をシェアします。最終判断はあくまでもご自身で行ってください。個別のケースにつきましては医師・薬剤師にご相談ください。

タイで頭痛になったら?解熱鎮痛剤1💊Tylenol💊

こんにちは。タイの医療通訳ルディーです💕

みなさん頭痛を感じたらどんなお薬を飲んでいますか?

今日のご紹介は、タイでもっとも売れている(と思う)お薬タイレノールのご紹介です。

f:id:Rudee:20190310175139j:plain

これコンビニでも売ってるので、一度は目にしたことがあるかと思いますが、Paracetamol(パラセタモール)という薬剤で、日本ではアセトアミノフェンと言われています。

新セデス、ナロン錠、ノーシン等と同じお薬で、頭痛、解熱、生理痛、歯痛等に効能があります。

体重50キロ程度の方で1回につき500mg1錠、4〜6時間毎に服用可能です。

(75キロ以上位の男性や、50キロ程度でも症状の激しい場合は2錠、処方されてる方もいます)

650mgのものは、8時間効き目があると言われています。

お値段のほうは、

10錠12バーツ、100錠120バーツ、8時間持続10錠30バーツという驚きの安さ(笑)

胃を荒らすこともなく、安全性の高いお薬と言われています。

強めの薬を試す前に、まずはこちらをお試しください⭐️
(私も薬嫌いなので、これを500mgを半錠とかにして飲んでます)

たまにはお薬の力も借りながら、異国生活の頭痛を乗り切りましょう♬